世田谷区 下高井戸 経堂 歯科 歯医者 下高井戸歯科室 一般歯科 インプラント 矯正歯科 ホワイトニング

診療案内下高井戸歯科室

mobile site

一般歯科

むし歯の治療を行います。
比較的小さなむし歯ですと、治療も早く済みます。むし歯は進行すれば進行するほど、治療期間も長くなり、治療費用も高くなりますので早期発見、早期治療をおすすめします。

子供のむし歯

「どうせ生え変わるから・・・」と乳歯のむし歯を放置すると、永久歯の歯並びに影響をおよぼします。
乳歯には、永久歯が生えてくる場所を確保するという大切な役割があります。乳歯がひどいむし歯になると永久歯の歯並びが乱れることがあります。また、乳歯のむし歯が重症化すると直下の永久歯の歯質に影響することもあります。
子供むし歯でも、しっかり治すことが大切です。

大人のむし歯

治療した歯のつめ物やかぶせた冠のまわりに歯垢が付着し、むし歯になることがあります。
また歯周病の進行で、露出した歯の根の部分がむし歯になりこともあります。
一度直したからと安心せず、定期健診を受けましょう。

予防歯科・クリーニング

予防、クリーニングを行うにあたって

私たちは、単に、クリーニングするだけでなく初期のむし歯、歯周病を見つけ、早期に処置することまでを予防と考えています。(超音波器械で歯石をとるだけをクリーニングとはいいません)

材料、器具、治療のご紹介

1


歯面清掃器具ポラリスを用意


歯面清掃パウダーによるヤニや茶渋の除去

2


歯間だけの専用インスツルメントも用意

3


歯間だけの専用インスツルメントも用意


汚れ度合いに応じてペーストを用意


用途に応じたクリーニングペースト


歯面にやさしいラバーカップの使用


歯の根元は磨き残しが残りやすい場所


歯間も磨き残しがありがちです

4


各種フッ素を用意


フッ素用トレーも大きさに合わせて用意

5


汚れが沈着した歯面


むかって左側はポラリスを使用した後、右側はクリーニング前

矯正歯科

子供の矯正

12歳くらいまでの場合、抜歯しない方法を優先しております。
(第2大臼歯が生えてくるまで)

大人の矯正

成人歯列では、抜歯が必要なことが多いですが、できるだけ少数の抜歯で済むように治療を行います。

歯周病治療

ブラッシング指導

一番大切なことは、日頃のホームケア(歯磨き)です。
歯周溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯につき始めたプラークをしっかり落とすことが大切になってきます。
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んで頂きます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。


歯周病治療用ペースト

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。 スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。

フラップオペレーション(付着両方)

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深いような箇所はスケーリングだけでは歯石を取り除くことが不可能です。このような場合は、歯肉を外側に開いて歯根を露出させ細かい部分まで歯石を取り除きます。
歯茎を切開して骨から剥離させ、直視下で歯石や感染しきった歯茎を取り除き、残った健康な部分を縫い合わせます。

再生法(GTR法)

歯周病により破壊、吸収された歯周組織は、その原因を除去すれば再生します。 しかし、歯周病に罹患した部分の清掃後、何もせずにそのままにしておくと必要な支持組織の再生の前に、歯肉が入り込み歯周組織の再生を阻んでしまいます。
そこで、歯周ポケットの清掃後メンブレンと呼ばれる膜を設置し歯肉が入り込まないようにすます。そうすることで、メンブレンの下の歯周組織が再生します。 (平均4週間程度)歯周組織の再生が完了後、メンブレンを取り除きます。(4週間~8週間後)

Page Top